LCCをよりお得に利用する方法とは?その際の注意点について

LCCは早く予約するのがお得って本当?
LCCの料金の仕組みとして「空席連動型運賃」が挙げられます。これは空席が多いほど、安価にて航空券を購入することができるということです。つまり、出発日が近づくほど、空席は埋まってくるので、早めに予約をした方が安くなります。基本的にLCCは早く購入するほど格安になることが多いので、フライト日が決まったなら、是非早めに予約をするようにしましょう。事前購入割引や早期購入割引が適用されるLCCが多くなっているので、せっかく格安航空券を購入するなら、さらに格安にて購入することがおすすめです。

LCCであっても、当日などに購入する場合、どうしても大手航空会社と同じくらいの料金となることがあるので、気を付けましょう。平日はフライトする人が少ないので、週末などよりは平日の方が格安となる可能性も高くなっています。

早く予約をしてもキャンセル不可能な場合も
ただ、少し注意しなくてはいけないのは、早く予約をしたものの、予定を変更したくなった際に、予約を取り消すときに多額の手数料がかかることがあります。予約をする際には、変更不可か否かということをチェックしておく必要があるでしょう。そして、まだ未確定なら、確実になるまで待ってから予約をした方が安心です。いかにお得に格安航空券を購入するか、ということも大切ですが、キャンセルが不可能である場合も多いので、その点には十分留意する必要があります。

運賃以外の料金も抜かりなくチェックして
さらに運賃の他に手数料がかかるLCC会社もあります。これもそれぞれのLCCによって異なるので、その点についてはきちんとチェックしておく必要があるでしょう。手荷物を預ける際に、その手数料が高額となる可能性もあるので、それも念入りに調べておくことが大切です。またLCCではマイレージを溜めにくくなっています。マイレージサービスを導入しているLCCはほぼなく、せっかく飛行機を利用するのに、マイレージが貯まらないというのはやや不便かもしれません。それでも、LCCでは、格安航空券を購入することができるメリットは大きいでしょう。気を付けるべき点にだけ、きちんとチェックしておけば、お得に旅行を楽しめるはずです。

投稿日:

LCCは片道チケットを購入するのが定番?運賃以外にも料金が加算されるって本当?

LCCは片道チケットを購入するのが王道
格安航空会社LCCと大手航空会社の違いとして、LCCは運賃が片道が基本となっているということが挙げられます。通常大手の航空会社の場合、往復の航空券を購入することが多いですが、LCCの場合は片道のみとなっているので、注意が必要です。大手航空会社の場合、片道ずつ購入するより、往復分をまとめて購入する方が格安となることが多いですが、LCCの場合は違います。LCCは片道のチケットを1枚ずつ購入した方が格安となることが多くなっています。LCC初心者の場合、どうしてもこの視点が抜け落ちてしまうので、その点にだけ留意しておくようにしましょう。

往復チケットをLCCで購入するメリットはほぼなし
片道ずつ購入した方が安くなるLCCの場合、滞在日数の制限がないというのが嬉しいポイントです。例えば、3泊4日の旅行の予定であったものの、事情があり、あと1泊したくなったという場合でも、片道ずつの航空券となっているので、そのような変更は難なくクリアすることができます。日帰りで帰ることも、1年滞在することも、自由に選ぶことができるというのがLCCを利用する大きなメリットでしょう。大手航空会社で自由に滞在日数を選ぶことができるチケットを購入する場合、価格帯は非常に高くなるので、そのような際にはLCCを利用することがとてもおすすめです。したがって、往復の航空券をLCCにて購入するメリットはほぼないのですが、稀にLCCの公式サイトで往復で購入すると格安になるキャンペーンを行っていることがあります。そのような際には価格帯をよく見て、本当にお得なのか吟味して、それから往復の航空券を購入することも良いかもしれません。

運賃以外にかかる手数料などについて
もう一つ、LCCを利用する際に気を付けることとして、基本的に運賃は人を一人運ぶ分の値段しか表示されていません。したがって、手荷物料金が加算されることも多く、さらには座席を指定する際にも料金が加算され、機内食や様々なサービスに応じて、やはり料金が加わることも多くなります。最初に表示されている価格帯より、確実に上乗せされることが多いので、そのこともチェックしてからLCCは利用するようにしましょう。付加料金が思いがけず高くなることもあるので、全て計算した上で利用することがおすすめです。

投稿日:

LCCの購入方法とは?その際の注意点と最安値で購入する方法について

LCCは直販が基本!インターネットで申し込んで
格安航空会社LCCのチケットは基本的に旅行会社を通さない、直販となっています。大手航空会社の場合、旅行代理店などの窓口で簡単に購入することができるのですが、LCCは販売窓口などはないので、自分自身でインターネット上で購入するようにしましょう。LCCのチケットはインターネットの公式サイトから購入することが可能です。インターネットで購入するのが不安だという方の場合、コールセンターなど電話にて購入することもできますが、その際には手数料が加算されることもあるので、できるだけインターネットを通じて購入するのが良いでしょう。パソコンやスマートフォンで今は簡単に購入することができるので、とてもおすすめです。

購入方法は簡単!留意すべき点について
インターネットでは各サイトで空席をまずチェックして、それからフォームに必要事項を明記していくだけなので、初めての方でも簡単に購入することができるでしょう。機内食をオーダーするか、手荷物がどれくらいなのか、などをフォームに入力するLCC会社もあります。そしてその際に最も気を付けなくてはいけないのが、自分自身のメールアドレスを間違えないようにするということです。メールアドレスを間違えてしまうと、予約確認書などの大切な書類が送られてこないので、飛行機に乗ることができません。せっかく予約をしてもこれでは意味がないので気を付けましょう。それから間違いに気が付いて、メールアドレスを訂正するのには時間と手間もかかりますし、場合によっては手数料が加算されることもあるので、最初からメールアドレスは正しく入力するように、きちんと意識しておきましょう。また格安航空券の購入にはクレジットカードが必要です。この際にもアルファベットの表記に間違いがないように、気を付けるようにしましょう。

できるだけこまめにサイトをチェック!
チケットは最低料金にて購入したいという方も多いでしょう。公式サイトなどを見ると、最安値で提示がされているので、そのような格安な航空券を購入できれば、と思う方も多いかもしれません。ただ、それはあくまでも最安値なだけで、実際に私たちがその価格帯にて購入できるとは限りません。2ヶ月前、1ヶ月前、2週間前に値段が変動することが多いので、できるだけ頻繁にサイトをチェックして、最安値で購入できるようにしましょう。

投稿日:

LCCの座席は狭い?使用している機材は安全なの?

LCCは狭いが常識?最近はLCCでもゆとりがあるって本当?
LCCの座席は基本的に窮屈で乗り心地が悪いと言われていますが、実際はどうなのでしょうか?一般的に大手の航空会社の座席より、3~5センチ程度狭いLCCが多いようです。足の長い方や、大柄な方の場合、やや狭く感じることもありますが、小柄な女性ならあまり気にならないという声も目にします。格安航空会社LCCの飛行機はほぼエコノミークラスとなっていて、シートピッチも狭いのですが、座席の広さを売りにしているLCCもあるので、どうしても狭さが気になるなら、そのようなLCCを利用するのも良いでしょう。

例えば、アメリカのジェットブルー航空のシートピッチは大手航空会社より広めになっています。その他にも大手航空会社と同等な座席の会社も、LCCの中にはあるので、事前にそのようなことは調べておくと安心でしょう。どうしてもLCCだから狭いというイメージがあるのですが、最近のLCCはそういう会社ばかりではないということを是非、覚えておいてください。例え詰め込み型のLCCであっても、苦痛で仕方がないというような声はほぼないので、安心して利用することができるでしょう。

使用している機材は定番のベストセラー機
さらに座席だけでなく、使用している機材が気になるという方もいるでしょう。LCCではコストを削減するため、機材はほぼB737かA320を使用することが多くなっています。この2種類が人気な理由としては、大量生産によって、格安に購入することができるということが第一の理由として挙げられます。定番のベストセラー機となっているので、コストを削減したいLCCにとって最適な機材となっています。整備コストも下げるため、保有機材はできるだけ一つに絞り、格安航空券の実現に努めています。全世界のLCCで、この2つの機材が主流となっているのには、そのような背景があります。さらにLCCは中古の機材を使用することが多いと思われがちがですが、LCCといえども新しい機材を使用するのが多いので、安全性にも問題がないと言われています

LCCは国内線と国際線で利用方法は全く違う!?

「国内線に乗り慣れているけど、国際線には乗ったことがない」という方は注意が必要です。国内線の常識が、国際線では通用しないことがありますよ。
初めて国際線に乗る場合は、「初めて飛行機に乗る」ような気持ちで乗らなければいけません。特に、出張で国際線に乗る場合は、「認識不足で国際線を利用できませんでした」というのは通用しないでしょう。
ホームページを参照するだけでも、国際線の利用方法は把握できるので、ぜひ時間を作って把握したいものです。

よく、「国内線に乗り慣れているから、国際線も同じようにすればいい」と考えている人がいますが、それでは少し危ないような気がします。国内旅行によく行く人であれば、国内線には乗り慣れているものです。
 確かに、航空券購入方法や当日手続きなど、基本的な流れは国内線も国際線も同じです。しかし、微妙に変わってくることもあり、国内線と全く同じ認識で国際線を利用しようとすると、当日は戸惑ってしまうこともあるので注意が必要です。例えば、パスポートとかが、その主な例ですね。

国際線の場合、キャンセル可能日数が国内線よりも厳しい場合があります。また、当日の搭乗手続きの時間制限も、厳しい場合があるので注意が必要です。
例え、同じ航空会社を利用するとしても、国際線を始めて利用する場合には、改めて情報を得ておくことが大切だと言えるでしょう。
また、国際線の場合は、運休になりやすいものです。長い時間フライトをしているわけですから、それだけ天候に対してもシビアになります。
もしも余裕があるのなら、フライト数日前から、出発地と目的地の天気を把握しておきたいものです。

意外と忘れがちなのが、席種でしょう。国内線をエコノミーで利用している方は、注意が必要です。と言うのも、国内線であれば数時間程度の移動であるため、エコノミーでも充分対応することができるのです。
しかし、国際線の利用で、10時間程度も飛行機のなかにいなければ空路の場合は、エコノミーですとかなり疲れるかもしれません。
出張で国際線に乗る場合は、自分の意見は反映されないかもしれませんが、「飛行機のなかで過ごす時間」をきちんと知っておかないと、とてもストレスの溜まる移動になってしまうかもしれません。

投稿日: