共通点がある!?アジアの格安航空会社とは!料金が安い理由も紹介

LCC

アジアの格安航空券を購入する際には、LCCを利用するのがおすすめです。アジア・オセアニアの格安航空会社は多々ありますが、韓国ならチェジュ航空、エアプサン、イースター航空、ジンエアー、ティーウェイというように5社も就航しています。

台湾ではVエア、中国なら春秋航空、香港エクスプレスがあります。フィリピンではセブパシフィック、ベトナムはベトジェット、タイはビジネスエアーとジェットアジア、アジアアトランティックというように3社展開されています。マレーシアはエアアジア、シンガポールはスクート、タイガーエアがあり、オーストラリアではジェットスターがあります。このように、各国LCCが展開されているので、自分が行きたい国に合わせて選ぶのが良いでしょう。もちろん、就航している時間帯がちょうど良いものを選ぶことも大切です。

LCCはオプション料金が加算されることがあります

一口に格安航空会社であると言っても、このように様々な会社があるので、もちろん違いもあります。ただ、どの航空会社でも共通して言うことができるのがコストを削減して、低価格な格安航空券にて、利用することができるということが挙げられるでしょう。

それぞれの違いとしては、手荷物などのオプションが別途料金となっているところもあれば、料金に全て含まれているところもあります。せっかく格安航空券にて旅行ができると思っても、オプションに条件があることもあるので、その点には十分気を付けて申し込むようにしましょう。思いがけず、大手の航空会社とほぼ同じような料金になってしまったということにならないようにしましょう。

なぜLCCは運賃が安いのか?

格安航空会社であるLCCが大手と比較してみて、なぜ運賃が安いのかというと、格安航空会社の多くが座席密度を高くしているということが挙げられます。これもそれぞれの会社によってどの程度の密度かは変わりますし、乗客数によって、その密度も変わります。

ものすごく狭く感じられる人もいますが、そこまで窮屈ではなく、快適にフライトが出来たという方もいます。なるべく空席を作らないようにしたり、朝から夜まで飛行機を飛ばしっぱなしにすることによって、格安航空券を実現しているのが、LCCです。そのため手荷物も1つまでしか機内に持ち込むことができなかったり、機内サービスもお水やオレンジジュースなどは無料でもらえるところが多いものの、コーヒーやその他のジュース、お酒などは別途料金が加算されることも多くなっています。

機内食などももちろんなく、サービスが簡素化されているLCCが多いものの、格安航空券にて旅行がしたいという方にとっては最適となっているでしょう。人件費や手数料などをカットすることによって、低料金を実現しているLCCは日本でもますます注目が集まっています。アジア旅行をする場合、フライト時間もそこまで長いわけではないので、LCCで十分だという声も多々、見受けることができます。

LCCをよりお得に利用する方法とは?その際の注意点について

LCC

LCCは早く予約するのがお得って本当?

LCCの料金の仕組みとして「空席連動型運賃」が挙げられます。これは空席が多いほど、安価にて航空券を購入することができるということです。つまり、出発日が近づくほど、空席は埋まってくるので、早めに予約をした方が安くなります。

基本的にLCCは早く購入するほど格安になることが多いので、フライト日が決まったなら、是非早めに予約をするようにしましょう。事前購入割引や早期購入割引が適用されるLCCが多くなっているので、せっかく格安航空券を購入するなら、さらに格安にて購入することがおすすめです。

LCCであっても、当日などに購入する場合、どうしても大手航空会社と同じくらいの料金となることがあるので、気を付けましょう。平日はフライトする人が少ないので、週末などよりは平日の方が格安となる可能性も高くなっています。

早く予約をしてもキャンセル不可能な場合も

ただ、少し注意しなくてはいけないのは、早く予約をしたものの、予定を変更したくなった際に、予約を取り消すときに多額の手数料がかかることがあります。予約をする際には、変更不可か否かということをチェックしておく必要があるでしょう。

そして、まだ未確定なら、確実になるまで待ってから予約をした方が安心です。いかにお得に格安航空券を購入するか、ということも大切ですが、キャンセルが不可能である場合も多いので、その点には十分留意する必要があります。

運賃以外の料金も抜かりなくチェックして

さらに運賃の他に手数料がかかるLCC会社もあります。これもそれぞれのLCCによって異なるので、その点についてはきちんとチェックしておく必要があるでしょう。手荷物を預ける際に、その手数料が高額となる可能性もあるので、それも念入りに調べておくことが大切です。またLCCではマイレージを溜めにくくなっています。

マイレージサービスを導入しているLCCはほぼなく、せっかく飛行機を利用するのに、マイレージが貯まらないというのはやや不便かもしれません。それでも、LCCでは、格安航空券を購入することができるメリットは大きいでしょう。気を付けるべき点にだけ、きちんとチェックしておけば、お得に旅行を楽しめるはずです。