LCCは国内線と国際線で利用方法は全く違う!?

「国内線に乗り慣れているけど、国際線には乗ったことがない」という方は注意が必要です。国内線の常識が、国際線では通用しないことがありますよ。
初めて国際線に乗る場合は、「初めて飛行機に乗る」ような気持ちで乗らなければいけません。特に、出張で国際線に乗る場合は、「認識不足で国際線を利用できませんでした」というのは通用しないでしょう。
ホームページを参照するだけでも、国際線の利用方法は把握できるので、ぜひ時間を作って把握したいものです。

よく、「国内線に乗り慣れているから、国際線も同じようにすればいい」と考えている人がいますが、それでは少し危ないような気がします。国内旅行によく行く人であれば、国内線には乗り慣れているものです。
 確かに、航空券購入方法や当日手続きなど、基本的な流れは国内線も国際線も同じです。しかし、微妙に変わってくることもあり、国内線と全く同じ認識で国際線を利用しようとすると、当日は戸惑ってしまうこともあるので注意が必要です。例えば、パスポートとかが、その主な例ですね。

国際線の場合、キャンセル可能日数が国内線よりも厳しい場合があります。また、当日の搭乗手続きの時間制限も、厳しい場合があるので注意が必要です。
例え、同じ航空会社を利用するとしても、国際線を始めて利用する場合には、改めて情報を得ておくことが大切だと言えるでしょう。
また、国際線の場合は、運休になりやすいものです。長い時間フライトをしているわけですから、それだけ天候に対してもシビアになります。
もしも余裕があるのなら、フライト数日前から、出発地と目的地の天気を把握しておきたいものです。

意外と忘れがちなのが、席種でしょう。国内線をエコノミーで利用している方は、注意が必要です。と言うのも、国内線であれば数時間程度の移動であるため、エコノミーでも充分対応することができるのです。
しかし、国際線の利用で、10時間程度も飛行機のなかにいなければ空路の場合は、エコノミーですとかなり疲れるかもしれません。
出張で国際線に乗る場合は、自分の意見は反映されないかもしれませんが、「飛行機のなかで過ごす時間」をきちんと知っておかないと、とてもストレスの溜まる移動になってしまうかもしれません。

投稿日: