LCCの座席は狭い?使用している機材は安全なの?

LCCは狭いが常識?最近はLCCでもゆとりがあるって本当?
LCCの座席は基本的に窮屈で乗り心地が悪いと言われていますが、実際はどうなのでしょうか?一般的に大手の航空会社の座席より、3~5センチ程度狭いLCCが多いようです。足の長い方や、大柄な方の場合、やや狭く感じることもありますが、小柄な女性ならあまり気にならないという声も目にします。格安航空会社LCCの飛行機はほぼエコノミークラスとなっていて、シートピッチも狭いのですが、座席の広さを売りにしているLCCもあるので、どうしても狭さが気になるなら、そのようなLCCを利用するのも良いでしょう。

例えば、アメリカのジェットブルー航空のシートピッチは大手航空会社より広めになっています。その他にも大手航空会社と同等な座席の会社も、LCCの中にはあるので、事前にそのようなことは調べておくと安心でしょう。どうしてもLCCだから狭いというイメージがあるのですが、最近のLCCはそういう会社ばかりではないということを是非、覚えておいてください。例え詰め込み型のLCCであっても、苦痛で仕方がないというような声はほぼないので、安心して利用することができるでしょう。

使用している機材は定番のベストセラー機
さらに座席だけでなく、使用している機材が気になるという方もいるでしょう。LCCではコストを削減するため、機材はほぼB737かA320を使用することが多くなっています。この2種類が人気な理由としては、大量生産によって、格安に購入することができるということが第一の理由として挙げられます。定番のベストセラー機となっているので、コストを削減したいLCCにとって最適な機材となっています。整備コストも下げるため、保有機材はできるだけ一つに絞り、格安航空券の実現に努めています。全世界のLCCで、この2つの機材が主流となっているのには、そのような背景があります。さらにLCCは中古の機材を使用することが多いと思われがちがですが、LCCといえども新しい機材を使用するのが多いので、安全性にも問題がないと言われています

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です