LCCは片道チケットを購入が定番?運賃以外に料金が加算される?

LCC

LCCは片道チケットを購入するのが王道


格安航空会社LCCと大手航空会社の違いとして、LCCは運賃が片道が基本となっているということが挙げられます。通常大手の航空会社の場合、往復の航空券を購入することが多いですが、LCCの場合は片道のみとなっているので、注意が必要です。大手航空会社の場合、片道ずつ購入するより、往復分をまとめて購入する方が格安となることが多いですが、LCCの場合は違います。

LCCは片道のチケットを1枚ずつ購入した方が格安となることが多くなっています。LCC初心者の場合、どうしてもこの視点が抜け落ちてしまうので、その点にだけ留意しておくようにしましょう。

往復チケットをLCCで購入するメリットはほぼなし

片道ずつ購入した方が安くなるLCCの場合、滞在日数の制限がないというのが嬉しいポイントです。例えば、3泊4日の旅行の予定であったものの、事情があり、あと1泊したくなったという場合でも、片道ずつの航空券となっているので、そのような変更は難なくクリアすることができます。日帰りで帰ることも、1年滞在することも、自由に選ぶことができるというのがLCCを利用する大きなメリットでしょう。

大手航空会社で自由に滞在日数を選ぶことができるチケットを購入する場合、価格帯は非常に高くなるので、そのような際にはLCCを利用することがとてもおすすめです。したがって、往復の航空券をLCCにて購入するメリットはほぼないのですが、稀にLCCの公式サイトで往復で購入すると格安になるキャンペーンを行っていることがあります。そのような際には価格帯をよく見て、本当にお得なのか吟味して、それから往復の航空券を購入することも良いかもしれません。

運賃以外にかかる手数料などについて

もう一つ、LCCを利用する際に気を付けることとして、基本的に運賃は人を一人運ぶ分の値段しか表示されていません。したがって、手荷物料金が加算されることも多く、さらには座席を指定する際にも料金が加算され、機内食や様々なサービスに応じて、やはり料金が加わることも多くなります。最初に表示されている価格帯より、確実に上乗せされることが多いので、そのこともチェックしてからLCCは利用するようにしましょう。付加料金が思いがけず高くなることもあるので、全て計算した上で利用することがおすすめです。