共通点がある!?アジアの格安航空会社とは!料金が安い理由も紹介

LCC

アジアの格安航空券を購入する際には、LCCを利用するのがおすすめです。アジア・オセアニアの格安航空会社は多々ありますが、韓国ならチェジュ航空、エアプサン、イースター航空、ジンエアー、ティーウェイというように5社も就航しています。

台湾ではVエア、中国なら春秋航空、香港エクスプレスがあります。フィリピンではセブパシフィック、ベトナムはベトジェット、タイはビジネスエアーとジェットアジア、アジアアトランティックというように3社展開されています。マレーシアはエアアジア、シンガポールはスクート、タイガーエアがあり、オーストラリアではジェットスターがあります。このように、各国LCCが展開されているので、自分が行きたい国に合わせて選ぶのが良いでしょう。もちろん、就航している時間帯がちょうど良いものを選ぶことも大切です。

LCCはオプション料金が加算されることがあります

一口に格安航空会社であると言っても、このように様々な会社があるので、もちろん違いもあります。ただ、どの航空会社でも共通して言うことができるのがコストを削減して、低価格な格安航空券にて、利用することができるということが挙げられるでしょう。

それぞれの違いとしては、手荷物などのオプションが別途料金となっているところもあれば、料金に全て含まれているところもあります。せっかく格安航空券にて旅行ができると思っても、オプションに条件があることもあるので、その点には十分気を付けて申し込むようにしましょう。思いがけず、大手の航空会社とほぼ同じような料金になってしまったということにならないようにしましょう。

なぜLCCは運賃が安いのか?

格安航空会社であるLCCが大手と比較してみて、なぜ運賃が安いのかというと、格安航空会社の多くが座席密度を高くしているということが挙げられます。これもそれぞれの会社によってどの程度の密度かは変わりますし、乗客数によって、その密度も変わります。

ものすごく狭く感じられる人もいますが、そこまで窮屈ではなく、快適にフライトが出来たという方もいます。なるべく空席を作らないようにしたり、朝から夜まで飛行機を飛ばしっぱなしにすることによって、格安航空券を実現しているのが、LCCです。そのため手荷物も1つまでしか機内に持ち込むことができなかったり、機内サービスもお水やオレンジジュースなどは無料でもらえるところが多いものの、コーヒーやその他のジュース、お酒などは別途料金が加算されることも多くなっています。

機内食などももちろんなく、サービスが簡素化されているLCCが多いものの、格安航空券にて旅行がしたいという方にとっては最適となっているでしょう。人件費や手数料などをカットすることによって、低料金を実現しているLCCは日本でもますます注目が集まっています。アジア旅行をする場合、フライト時間もそこまで長いわけではないので、LCCで十分だという声も多々、見受けることができます。